税理士は他の専門家と連携している方がよい

遺産相続が発生した場合、特に問題が発生しなければ税理士のみに依頼しても問題はありません。しかし、遺産相続を行う場合には、トラブルが発生しやすいという事実もあります。このようにトラブルが発生してしまうと、税理士では解決できなくなってしまうのです。そのため、遺産相続でトラブルが発生した場合、弁護士や司法書士などに依頼する必要が出てくるので、税理士を探すときには他の専門家と連携していることが望ましいと言えるでしょう。

税理士の中には弁護士や司法書士などと連携していることもあるので、トラブルが発生しそうな場合には、このように他の専門家と連携している税理士を選ぶべきです。では、トラブルが発生しそうな場合とは、どのような状態のことをいうのでしょうか。通常遺産相続というのは、被相続人の子供たちが優先して遺産を継ぐことになります。よって兄弟が多い人はその分遺産相続全問題が起こりやすいと言えるでしょう。

また、すでに被相続人の子供たちが全員亡くなっている場合や、遺言書がない場合などもトラブルが発生しやすいと言えるでしょう。逆に全くトラブルが発生する可能性がない場合というのは、被相続人の子供が1人しかいない場合や、後継ぎが1人しかおらず、結婚もしていないという状態です。この場合には自動的に子供が全ての遺産を引き継ぐことになるので、トラブルが発生することはないでしょう。そのため、税理士だけに依頼すれば全く問題はありません。

ただし、他に借金をしているなど、負の遺産を抱えている場合には、トラブルが発生する可能性があるので、やはり弁護士や司法書士と連携している税理士に依頼した方が無難です。もし弁護士や司法書士と連携している税理士を選ぶ場合には、どのような弁護士や司法書士と連携をしているのかという情報収集も行わなければいけません。よって情報収集が大変になりますが、遺産相続というのは一生に1度のことなので、しっかりと情報収集をしておきましょう。