飲食店経営に関するアドバイス

経営コンサルティング業者がアドバイスを行っている中には飲食店も存在しています。飲食店には法人経営をしている大きな店もあれば、個人経営の小さな店もあるのですが、当然同じ方法ではうまく経営することはできないでしょう。もちろん法人経営の方が有利であり、個人経営の方が不利であることはいうまでもありません。
飲食店業界は増税と食品の高騰でかなり苦しい立場に立たされているのですが、なぜ値段が高い店と安い店があるのかを考えてみましょう。このような不景気な時代には、やはりどれだけ安い商品を提供できるかが1つのポイントですし、ただ安いだけではお客を呼ぶことはできません。
そんなときに経営コンサルティング業者がアドバイスすることは、これだけのお金を支払ってでも食べたいと思う料理であるかが重要というアドバイスをよく行います。高くてもそれだけの価値があればお客は来るのです。そして飲食店最大の宣伝方法は口コミなので、お客とのコミュニケーションも重要になります。

営業はただ行えばよいというわけではない

経営コンサルティング会社では、営業に関してのアドバイスや指導も行っているのが一般的なのですが、よく営業は脚で稼いで1日何件以上は回れ、ド下手の鉄砲も数撃ちゃ当たるなどと言われています。しかし、営業に関して詳しい経営コンサルタントが所属している会社では、決してそのようなアドバイスはしません。
営業は数を撃つという時代はもう終わっているからです。昔は景気がよかったので、数多く営業をこなすことで仕事も取れたでしょうし、物も売れたことでしょう。しかし、現在は不景気な時代が長引いている上に、相次ぐ増税で国民の生活が窮地に立たされているような時代です。
こんな時にいくら数を稼いでも営業が成功するわけはないので、まずはターゲットをしっかりと絞りこむこと、そしてこちらから営業に行くのではなく、相手からアクションを起こしてくるような宣伝を行うことが重要です。特に個人宅などへ営業に行くと、近年では警戒する人が多いので、余計に購買意欲を奪ってしまうことから、相手に興味を持たせるようなアクションをすることが大切です。