ネットで名誉毀損を書きこむとどうなるか

ネット名誉毀損

ネットで名誉毀損を書きこむとどうなるか

名誉毀損とは

SNSの普及によって自身の書いたことがすぐにネット上で反映されるようになっていますが、ただネットでの書き込みは注意しておかないと自分にとって不利益になる場合があります。

相手を傷つけたり、社会的地位を貶める行為を公けに行うと、「名誉毀損」となります。

悪意なく書いたことであったとしても、相手側の名誉を著しくおとしめた場合、社会的な問題になります。

ネットで名誉毀損を書きむと、書かれた本人は、証拠を残すようになります。

その後、プロバイダ側に、名誉が毀損されていると、「削除請求」と「発信者開示請求」がなされることがあります。

プロバイダは、主張が正しいと判断した場合は、「削除」を行います。

発信者開示がされると更に問題が発生

現在は、携帯やスマホで、掲示板の書き込みがなされることが多いので、発信者情報が簡単に公開されることは少ないです。

ただし、名誉毀損となると、裁判となり、裁判所が、開示の指示がでると、携帯会社が、名誉毀損を書きこんだ端末の契約者情報を開示することになります。

名誉毀損をかいたものが誰なのか?相手側に知られることになり、最終的は、「損害賠償」の民事裁判や、「刑事告訴」をされる可能性がでてくるのです。

名誉毀損の書き込みをしてしまった場合

よって、名誉毀損の書き込みをしてしまった場合は、即時、削除する必要があります。2ちゃんねるや5ちゃんねるは、書いた本人でさえ消せない仕様になっているので、自分で削除するように手配する必要があります。

2ちゃんねるに強い弁護士が存在するので、削除するように伝えるのがよいでしょう。

弁護士は、大きな問題にならぬよう、示談をしてくれたり、削除してくれたり、対処法を教えてくれます。問題が大きくなるまえに、専門家である弁護士に相談するようにしましょう。

名誉毀損の書き込みは、しないように心がけましょう。それは犯罪だからです。