ネットの記事のコピーと著作権

copy & paste

ネットの記事のコピーと著作権

アフィリエイトなどをするときに知っておきたいのがネット上にある記事です。基本的に他のサイトにある記事はコピーすると危険でしょう。それぞれの記事には著作権があります。そのため無断転載をしてしまう著作権元から訴えられる可能性が高いです。

サイト内にある文字は知的財産の1つとして知られています。ただし客観的なデータは著作権物には含まれないので理解しておくとよいです。客観的なデータとは統計データのことを指します。こういうデータは機械的に算出したものなので著作権は発生しない仕組みです。例えばある公的機関の論文にあるデータなどは著作権がないので自由に使えます。

ネット記事には執筆者のアイデアを書いたものもあるので注意が必要です。このアイデア自体は転載をしても特に問題がありません。例えばあるビジネスモデルが書かれている記事があるとします。このアイデアをモチーフとして自分でオリジナルの文章を作成しても問題はないです。

ブログなどを運用するときには他のサイトからコピペするのは非常に危険でしょう。またリライトもできるだけ避けておくのが基本です。リライトとは元の文章を改変してオリジナルの文章にする行為を指します。ただしリライトするときは工夫をして元文を大幅に改変していれば問題ない場合もあります。

サイト制作の心構え

基本的に他のサイトにある文章は参考にする程度にしておきましょう。また情報を仕入れるための道具程度に活用をすれば良いです。自分の作った文章が違反しているのかチェックをしたいときには専用のツールを使います。これはコピペやリライトを調べるものです。数分でチェックをすることができるのでブログ作りに役立ちます。

基本的に文章を貼り付けてチェックするだけで調べる事が可能です。他人のサイトから文章を持ってきたいときには引用を使うのが安全です。引用をするときにはコンテンツ内の引用部分の割合を考慮しないといけません。例えば引用部分の文字列があるときには、その部分を区切り文章の終わりに引用元を明記するとよいです。

上記のような方法を利用すれば文章が引用しているものだとわかります。ただしコンテンツ内の大半の文章が引用で構成されている場合は注意位が必要です。あくまでブログ開設者のオリジナルサイトとして構成する必要があるので、文章を持ってくるときはページ内の一部だけ引用文章をおきましょう。ルールを理解しておけば他サイトの文章を侵害することなくページを作ることができます。