Youtubeに勝手に自分の映像が掲載された

YouTube

Youtubeに勝手に自分の映像が掲載された

動画配信サイトのYouTubeにおいて、勝手に自分の映像が掲載されてしまった場合は、プライバシーの侵害にあたる恐れがあります。
隠し撮りやモザイクを掛けない映像など、掲載されて困るケースは珍しくないといえます。

また、ニュースのインタビュー映像の無断掲載といった場合も、YouTubeにおけるプライバシー侵害に該当します。
当然ですが、いわゆる肖像権の侵害でもありますから、無断で映像が掲載されたのであれば、削除依頼で動画を消してもらうことができます。

プライバシーの侵害は、たまたま撮影中の動画に映り込んでしまった場合でも、該当する可能性は十分にあります。
肖像権の侵害も同様に例えば、YouTuberが街中で撮影した動画、写真に写ってしまうケースも該当の可能性が高いといえるでしょう。

YouTube削除依頼

YouTubeに削除依頼を申し立てると、権利の侵害を説明することが可能になります。

自分で侵害を証明する必要がありますし、審査を経て認められることが不可欠ですが、それでも削除のチャンスがあるのは事実です。
ちなみに、タイムリミットは48時間で、この間に映像をアップロードしたユーザーは削除などの措置が求められます。

削除の申し立てをする側も、48時間以内であれば撤回が可能になっています。

弁護士に相談!

YouTubeに削除を依頼しても駄目だった場合は、弁護士に相談して削除に働き掛けてもらうことになります。

裁判所の仮処分手続きを要することと、その申し立ての必要がありますから、法律の専門家に相談するのは賢明です。

映像によってプライバシーの侵害どころか苦痛を感じたり、実害が発生した時は、損害賠償請求を行うことができます。
相手を特定する必要はあるものの、動画を削除した上で慰謝料の請求などができるわけです。

相手は仮処分の申し立てで発信者情報開示請求を行い、IPアドレスの開示を受けてプロバイダの特定、次にプロバイダへ発信者情報開示請求をする流れとなります。
プロバイダの発信者情報開示請求は、仮処分とは違い本訴訟扱いなので、覚悟して臨むことが必要です。

プライバシーや肖像権の侵害が発覚した後、行動が遅れるとログの消滅による相手の特定が難しくなるので、速やかに弁護士に相談して手続きを進めることをおすすめします。
いずれにしても、認められない動画の放置は自分の情報が第三者に流れてしまったり、広く顔が公開されてしまう恐れに結びつきます。

純粋に恥ずかしいと感じた場合であっても、削除してもらいたいと思ったら行動することで対応措置が受けられます。