今話題の生前贈与のメリット、デメリット

相続税対策に注目されている節税対策の1つが生前贈与です。ここでは生前贈与についてメリット、デメリットを紹介しましょう。法律改正によって相続税が増税されたのをみなさんご存知だと思います。少しでも相続税の負担を減らすためには生前贈与がよいのです。生前贈与は生きているうちに相続人に財産を譲ることであり、相続財産を生前に渡すことで相続財産を減らして相続税を減らすことができます。生前贈与のメリットとしては、相続人はもちろんのこと、孫や子供の配偶者にも贈与をすることができる点や相続争いを未然に防ぐことができる点、さらには納税資金や葬儀資金を準備しておける点などがあります。逆にデメリットとしてはいつ、誰にどのくらいの贈与をしたのかをしっかりと事前に相続人などの関係者に話しておかなければもめる原因にもなります。贈与し過ぎて自分の生活費用が困窮する恐れもありますので注意が必要です。さらに亡くなる3年前の贈与は相続財産として持ち戻し課税されてしまうので、生前贈与はなるべく早い方がよいでしょう。