暦年課税贈与を利用する

遺産相続のときには一定以上の財産があれば、相続税を取られてしまうことは知っているでしょうが、少しでも相続税の支払い金額を少なくする方法はないのでしょうか。実は優秀な税理士に依頼すれば、いろいろな節税方法を教えてくれます。そこでどのようにすれば節税できるのかを紹介させていただきたいと思いますが、今回は暦年課税贈与を利用する方法を見ていきましょう。
暦年課税贈与というのは、毎年少しずつ贈与するという方法なのですが、この方法を選択することで、110万円の基礎控除を受けることが可能になります。しかも配偶者控除まで受けることが可能なので、かなりの節税ができると思ってよいでしょう。
しかし、親切で知識が豊富な税理士であれば、こちらから切り出さなくても暦年課税贈与のことを説明してくれるのですが、多くの税理士はこちらから切り出さないと説明してくれません。よってこちらもある程度の知識を身に付け、このような方法で節税できないかという質問をする必要があるのです。