Twitterでなりすまし被害を受けたときの対処法

世界的にも人気を誇っているTwitterですが、近年ではなりすましの問題が大きくなってきています。有名人だけではなく、一般人にもその被害にあっている人は多く、このような被害にあった場合には、どのような対処法をすればよいのかが求められます。
Twitterでなりすまし被害を受けたときの対処法として、まず第一に行いたいことは、アカウントを特定することです。発券した友人などが教えてくれることもありますが、周囲が気づいていないのであれば、自分でアカウントを特定しなければなりません。その方法として一番有力なものがエゴサーチです。自分の名前やハンドルネームなどを検索する方法ですが、Twitterの中にもこの検索機能があるので、そこから検索すればアカウントを特定することができるでしょう。アカウントを特定することができたら、すぐにTwitterの運営に通報してアカウントを凍結してもらいましょう。凍結した後はそのアカウントのすべてのつぶやきは公開されなくなります。
またここで終わりではなく、フォロワーなどの自分とかかわりのある人たちに注意を促すようにします。自分が被害を受けているため、なりすましアカウントには十分に注意するように伝えましょう。ここで自分から説明することで、フォロワーからの理解も得られることでしょう。さらに被害の拡大も軽減することにつながります。説明に必要とするのは、なりすましアカウント名とユーザー名、アカウントのスクリーンショットです。ほかのSNSで連絡をすることで信ぴょう性も高まることでしょう。
最後に行いたいことは、弁護士や警察に相談をすることです。なりすまし行為は、一度対処したからといって終わりではなく、何度も繰り返される可能性があります。運営はアカウントの凍結は行ってもらえますが、犯人を特定するまでには至りません。そこでこのような悪質な行為を完全にやめさせるために必要となるものが、弁護士などの専門家の力です。弁護士や警察に相談をして、犯人を特定する必要があります。特に名誉棄損や金銭的な被害が出ている場合には、これ以上被害を出し手はなりません。被害拡大を防ぐためにも早急に犯人を特定する必要があります。しかしこのようなトラブルは警察はなかなか動けないものです。そのためこのような民事トラブルの場合には、弁護士に相談するのが一番といえます。犯人の特定はもちろんのこと、慰謝料を請求したり損害賠償の請求など様々なサポートを受けることができます。