blog

今話題の生前贈与のメリット、デメリット

相続税対策に注目されている節税対策の1つが生前贈与です。ここでは生前贈与についてメリット、デメリットを紹介しましょう。法律改正によって相続税が増税されたのをみなさんご存知だと思います。少しでも相続税の負担を減らすためには生前贈与がよいのです。生前贈与は生きているうちに相続人に財産を譲ることであり、相続財産を生前に渡すことで相続財産を減らして相続税を減らすことができます。生前贈与のメリットとしては、相続人はもちろんのこと、孫や子供の配偶者にも贈与をすることができる点や相続争いを未然に防ぐことができる点、さらには納税資金や葬儀資金を準備しておける点などがあります。逆にデメリットとしてはいつ、誰にどのくらいの贈与をしたのかをしっかりと事前に相続人などの関係者に話しておかなければもめる原因にもなります。贈与し過ぎて自分の生活費用が困窮する恐れもありますので注意が必要です。さらに亡くなる3年前の贈与は相続財産として持ち戻し課税されてしまうので、生前贈与はなるべく早い方がよいでしょう。

飲食店経営に関するアドバイス

経営コンサルティング業者がアドバイスを行っている中には飲食店も存在しています。飲食店には法人経営をしている大きな店もあれば、個人経営の小さな店もあるのですが、当然同じ方法ではうまく経営することはできないでしょう。もちろん法人経営の方が有利であり、個人経営の方が不利であることはいうまでもありません。
飲食店業界は増税と食品の高騰でかなり苦しい立場に立たされているのですが、なぜ値段が高い店と安い店があるのかを考えてみましょう。このような不景気な時代には、やはりどれだけ安い商品を提供できるかが1つのポイントですし、ただ安いだけではお客を呼ぶことはできません。
そんなときに経営コンサルティング業者がアドバイスすることは、これだけのお金を支払ってでも食べたいと思う料理であるかが重要というアドバイスをよく行います。高くてもそれだけの価値があればお客は来るのです。そして飲食店最大の宣伝方法は口コミなので、お客とのコミュニケーションも重要になります。

営業はただ行えばよいというわけではない

経営コンサルティング会社では、営業に関してのアドバイスや指導も行っているのが一般的なのですが、よく営業は脚で稼いで1日何件以上は回れ、ド下手の鉄砲も数撃ちゃ当たるなどと言われています。しかし、営業に関して詳しい経営コンサルタントが所属している会社では、決してそのようなアドバイスはしません。
営業は数を撃つという時代はもう終わっているからです。昔は景気がよかったので、数多く営業をこなすことで仕事も取れたでしょうし、物も売れたことでしょう。しかし、現在は不景気な時代が長引いている上に、相次ぐ増税で国民の生活が窮地に立たされているような時代です。
こんな時にいくら数を稼いでも営業が成功するわけはないので、まずはターゲットをしっかりと絞りこむこと、そしてこちらから営業に行くのではなく、相手からアクションを起こしてくるような宣伝を行うことが重要です。特に個人宅などへ営業に行くと、近年では警戒する人が多いので、余計に購買意欲を奪ってしまうことから、相手に興味を持たせるようなアクションをすることが大切です。

相続放棄とはなにか?

遺産相続をする場合には、通常プラスの財産となるのが一般的なのですが、被相続人が借金をしていた場合、借金も相続することになるのです。例えば親が借金をしており、遺産相続で子供が親の遺産を全て引き継いだとします。そうすると親の借金も引き継いでしまうため、子供が親の借金を返済しなければいけなくなるのです。これでは一切借金をしていない子供に負担をかけてしまうことになりますし、親の中には子供が返済してくれるからという考えをする人もいます。

ではどうするのかというと、遺産相続のときに相続を拒否するか、受け継いだ遺産を使って返済をするようになります。そこで重要になるのがプラスの遺産がいくらあって、マイナスの遺産がいくらあるのかを把握しておくことです。遺産相続の場合には、財産を全て引き継ぐ単純承認と受け取り拒否という方法が一般的ですが、限定承認という方法も選択できます。限定承認を選択すれば、借金分を支払って遺産がプラスになれば引き継ぐことができますし、マイナスになれば放棄することができるのです。

少々厄介なシステムですし、遺産相続は何度もあることではないので、わからない点はエクレシア法律事務所まで相談に来ていただければ、詳しく説明させていただきます。全国からも、限定承認について教えてほしいと多くの人が相談に来られているので、経験も知識も豊富な税理士が対応させて頂いております。遺産の額など全く分かっていないという場合でも、気軽に相談して頂ければと思います。

保険金にも相続税がかかるのか

日本は税金大国なので、ありとあらゆる物に税金がかけられてしまっていますが、その1つが相続税です。相続税とは被相続人が保有している財産を引き継いだときに発生する税金で、遺産相続をした人全てに税金の支払い義務が発生します。しかし、一定の金額に満たない人は相続税の支払いを免除されるのですが、近年では増税政策によって、今まで相続税の支払い義務がなかった人でも支払いの義務が発生してしまうという事態になっています。

しかも税金の計算というのはとても厄介なので、通常は税理士に依頼をすることが多いのですが、大半の人が加入している保険に関しても、相続税の一部として支払う義務があるのかが分からないという人もいるでしょう。実際にはどのようになっているのかというと、残念ながら受け取った保険金も税金の支払い対象になってしまうのです。ただし、相続税として支払う場合もあれば、所得としての扱いになることが多いため、所得税として納税するケースもあります。

受け取った保険金が多い場合には、相続税として支払うケースもあるので注意しましょう。このように税金の計算は厄介になっているだけではなく、法改正によって頻繁に変わってしまうので、自分で計算をしようとすると、ミスをする可能性が高くなっています。本来支払う必要のない分まで支払ってしまった場合には、まだそれほど問題ではないのですが、支払うべき税金の金額が足りていない、もしくは支払っていない場合には、脱税や申告漏れという扱いになります。

そうなると本来支払うべき税金にプラスされた金額を支払う必要が出てくるので、やはり税理士に依頼する方が確実です。保険の場合には、被相続人が死亡保険に入っている場合にいくらか保険金が支払われることが多いのですが、死亡保険は比較的高額になっていることが多いので、受け取ったときには税金がかかってしまいます。ただし、500万円に相続をした人数で計算した金額が非課税となっているので、その分だけ多少ましだと言えるでしょう。

葬儀の生前契約も終活の一部

葬儀というのは亡くなった人の家族が行うというのが一般的なのですが、中には生前契約を行う人もいます。生前契約というのは、自分が亡くなったときのために、葬儀の予約をしておくことなのですが、いつ死ぬかは本人ですらわからないのに、そんなことができるのかという疑問があると思います。しかし、実際に葬儀の生前契約が可能な業者も存在しているので、インターネットを用いてしっかりと情報収集しておくべきでしょう。
このような生前契約も終活の一部なので、自分が亡くなったときに、家族が葬儀屋を探して1から準備しなくてもいいようにという配慮でもあります。もちろんどこの葬儀屋でも生前契約が可能というわけではありませんので、生前契約が可能な葬儀屋を探す必要があるのですが、生前契約葬儀などと検索すれば、比較的簡単に発見することが可能です。葬儀の準備というのは面倒な点がたくさんあり、残された家族はただでさえ悲しみに暮れているというときに、葬儀の準備まで行うというのはかなりの負担なのです。
しかし、事前に葬儀の段取りを行っておくだけで、残された家族の負担はかなり減ると言っても過言ではありません。終活と言っても何をしておけばよいのかわからないけれど、少しでも自分が死んだ後に、家族の負担を減らしたいと考えているのであれば、葬儀の生前契約というのはかなりおすすめできます。しかも自分でどのような葬儀をするのか決めるというのは、自分自身の最後の自己表現にもなるので、最もよい供養の方法と言えるでしょう。
来てもらう人もある程度決めておくことができるので、家族が多いという人は家族だけで行う家族葬、家族は少ないけれど、生前親しい人が多かったという場合には、親しい人を集めた葬式など、ある程度自分でプランを決めることができるというのも、生前契約のメリットです。ただし、自分だけで勝手に葬儀の生前契約をする訳にはいかないので、家族とよく話し合って決めなければいけません。もちろん遺言の件や遺産相続の面などもしっかり話し合っておきましょう。

保険の契約内容を伝えておく

保険に入るときには、通常家族に相談をしてから入ることが多いでしょうが、最近では1人暮らしや夫婦だけの生活をしている人が多く、自分の親がどのような保険に入っているのかわからないという人も多いのです。そのため、遺産相続のときにも、どのような保険に入っているのかが分からず、遺言書を見て初めて知るという人もいます。
しかも最近は、遺言書を書く人の数も少なくなっているので、実際にどのような保険に入っているのか全く分からないまま早期や遺産相続を行う場合もあるのです。そんなことにならないようにするには、ある程度の年齢になったら、相続の権利がある人に対して、自分はこの保険に入っているということを伝えておくことも重要になります。
保険の種類も多くなっているので、どこの会社のこのような保険に入っているということを知らないと、受け取るときに戸惑ってしまいますし、本来であれば受け取れる保険を受け取らないという事態になる可能性もあるのです。それでは何のために保険に入っていたのかわからなくなってしまうので、しっかりと保険の加入内容は受け取れる金額など、詳しいことを家族に伝えておくことも就活の一部だと言えるでしょう。
人によってはエンディングノートに、保険のことを記載しておくという人もいるのですが、最近はエンディングノートが遺言書代わりになってしまうこともあるのです。エンディングノートに書いておくから伝えなくても大丈夫と思うでしょうが、やはり保険のことはしっかりと家族に伝えておくべきでしょう。
保険にもいろいろな種類があるので、生命保険や医療保険、介護保険に障害保険など、どのような保険を使っていたのかという点も把握しておくべきです。中には複数の保険に入っていて、自分でもどの保険に入っていたのかわからなくなってしまう場合もあるので、必ず確認しておかないといけません。複数の保険に入っている場合には、エンディングノートに書いておくという方法もおすすめできますし、家族にきちんと知らせておくことも重要です。

ペットも相続できるのか?

気に食わない息子に相続させるくらいなら、愛するペットに全財産を相続させたい!そう思う方は、実は少なくありません。

しかし、それができるかというと、法律上ペットに相続させることはできません。遺言書は絶対だといっても、ペットに全財産を相続させるとかいたとしても、それは有効にはなりません。

よって、誰かに遺産を相続させるが、その中でペットに必ずその資金を使うようにつたえておくか、ある程度、人を対象に相続させることが大事だといえるでしょう。

親子関係のトラブル、兄弟間のトラブルがおきやすい昨今。ペット逃げたい気持ちになるのは世相を現しているといえるのかもしれません。

暦年課税贈与を利用する

遺産相続のときには一定以上の財産があれば、相続税を取られてしまうことは知っているでしょうが、少しでも相続税の支払い金額を少なくする方法はないのでしょうか。実は優秀な税理士に依頼すれば、いろいろな節税方法を教えてくれます。そこでどのようにすれば節税できるのかを紹介させていただきたいと思いますが、今回は暦年課税贈与を利用する方法を見ていきましょう。
暦年課税贈与というのは、毎年少しずつ贈与するという方法なのですが、この方法を選択することで、110万円の基礎控除を受けることが可能になります。しかも配偶者控除まで受けることが可能なので、かなりの節税ができると思ってよいでしょう。
しかし、親切で知識が豊富な税理士であれば、こちらから切り出さなくても暦年課税贈与のことを説明してくれるのですが、多くの税理士はこちらから切り出さないと説明してくれません。よってこちらもある程度の知識を身に付け、このような方法で節税できないかという質問をする必要があるのです。