相続税の申告期限

リミット

税金の支払いには、必ず期限が設けられていることは知っているでしょう。

また、申告する場合にも期限が設けられています。よく知られているところでは、年間の売り上げを申告する確定申告ですが、やはり期限がきちんと定められているのです。では、相続税に関してはどうなのかというと、当然支払い期限もあれば申告期限もあるので、期限までに支払いも申告も行わないといけません。そこで相続税の申告期限について見ていきたいと思います。

相続税の申告は延期できるのか?

基本的に相続税の申告というのは、被相続人が亡くなってから10ヵ月以内と定められているので、この期間内に遺産分配を行い、しっかりと相続をしておく必要があるのです

しかし、遺産相続では家族同士でもめてしまうことも多々あるので、どうしても10ヵ月以内に申告をするのは難しい場合もあります。このような場合には、申告期限の延長などが可能なのでしょうか。その答えは、相続税の申告期限を延ばすことは不可能です。

もし遺産相続でもめてしまい、まだ遺産分配ができていない状態であっても、必ず相続税の申告を行う必要があります。ただし、まだ決まっていないのに申告をしても大丈夫なのかという疑問があると思いますが、このような場合には、仮の申告書を提出することになるのです。

仮の申告書とは言っても、適当に記載するというわけにはいかないので、まだ遺産の分配が終了していないことを税理士に告げ、どのように作成すればよいのかきちんと相談をしておきましょう。

しかも遺産相続でもめているときというのは、家族同士でも争いが絶えない状態なので、正しい判断ができないことも多いと言えます。

相続税税理士に相談しよう!

だからこそ第三者であり専門家でもある相続税の申告に強い税理士への依頼が重要になるのです。もちろん仮の申告書を提出したとしても、相続税はしっかりと請求されるので、申告しただけで済むというわけではありません。今度は期限までに相続税を支払わなければいけなくなるので、このような制度も逆に争いの発端となっていると言えるでしょう。